浮気調査を依頼する前に必要なこと

浮気調査を依頼する前に必要なこと

浮気調査を依頼する前に必要なこと

自分が結婚している相手が浮気をしていると考えて感情面の昂ぶりを抑えられなくて探偵事務所に調査依頼をしてくる人がいます。
このような方の多くは自分自身には何の確証のある証拠を持ち合わせていなくて、無責任な友人などの伝聞資料だけで「思い込み」をしている方がいます。
このような調査依頼のケースの時には、探偵事務所としては「もう少し時間を置いてから調査をしたほうがベター」という説得もします。
浮気調査には高額な費用もかかりますし、数人の調査員が聴きこみ調査から始まって尾行調査も粘り強く行ないますので強い確証に近い資料がありませんと無駄な調査になります。

 

 

 

探偵事務所としては仕事ですから依頼を受けることは有難いことですが、感情だけでなく調査にとりかかる資料がある程度は揃っていなければ調査も難しくなりますし、依頼人にとっても何の価値もない結果になりかねません。
信頼してきた自分の伴侶の浮気については友人や親戚などにも打ち分けにくいことですし、もし間違っていれば恥をかくだけになります。
そのために第三者である調査のプロの探偵事務所に依頼するのですが、いくら調査のプロでも何らかの疑惑の証拠が無ければ調査も進められません。

 

 

 

そのように考えますと浮気調査を探偵事務所に依頼するには感情面を沈めてから冷静になって自分の気持ちを整理して、浮気が発覚した場合に自分がどのように判断するかを決めてから調査を依頼すべきと思います。
調査結果によっては「離婚も視野に入れる」または「内容によっては伴侶を問い詰めて浮気をやめさせる」「離婚を決めていて離婚裁判を有利にしたい」などの様々な気持ちの整理が必要になります。

 

 

 

そのような心の整理がつかない状態でしたら、暫くは自分の気持ちの整理が出来るまで相手の行動を観察してから決めても遅くは有りません。


ホーム RSS購読 サイトマップ