新タイプ企業が行う業務の進め方

新タイプ企業が行う業務の進め方

新タイプ企業が行う業務の進め方

現代社会では企業の形態や仕事の進め方も大きく変化して来ています。
特に過去5年間ぐらいの変化はパソコンとインターネットの普及発展によって変化の速度が著しくなっています。
事務所も置かないでパソコンを与えられた社員たちが、それぞれに自宅でパソコンで仕事を行ってインターネットのメールで報告するような仕組みの会社も増えてきています。

 

 

 

スカイプを使ってパソコン上の画面で顔を見ながら会議が出来ますので直接会わなくとも大部分お仕事が遠隔地から行える時代になっています。
インターネット上で広くアイデアを募集したり応募型式で企画の提案を募ることも出来ます。
新たな取引先もインターネットで見つけて情報交換をして取引に結びつくケースも増えています。
このような急速な会社業務の変化が行なわれる中で、最も重要なポイントはインターネット上での情報やメールでの情報交換だけでは実際の相手先の状態がわからないので不安があります。

 

 

 

このような不安を取り除くために調査のプロである探偵事務所や興信所に調査を依頼する企業が増えているのです。
企業と探偵事務所や興信所の間で調査に関する契約を行って常時必用な時に調査を依頼できる状態を確保している企業が増えています。
また国際的にインターネットで仕事を行っている会社では国際弁護士などと顧問契約をしている企業があります。

 

 

 

契約を行っている国際弁護士を通じて外国の調査機関に相手先の調査を依頼して報告をします。


ホーム RSS購読 サイトマップ