探偵事務所の仕事とトラブル

探偵事務所の仕事とトラブル

探偵事務所の仕事とトラブル

探偵事務所に依頼される案件には様々な種類が有りますが、大きく分けて個人関係の案件と企業関係の案件に大きく種別されます。
個人を対象にした依頼内容のトップに有るのは「浮気調査」ですが、「素行調査」や「個人の信用調査」なども数おおくあります。
これらの調査には書類関係などのデータベースでの調査と尾行調査や聞き取り調査などの足と目で調査を行なうものがあります。

 

 

 

個人の調査で最近特に目立って増えてるものに「浮気調査」が上げられますが、これを得意分野として専門に行なっている探偵事務所も多くなっています。
探偵事務所の職務の幅を広げるよりも専門に絞ることで調査員の教育も絞って行えますし、必用な機材の種類なども専門的に揃えることが出来ますので探偵事務所としての効率も良くなりますし依頼人の満足度も上がります。
どの調査でも同じですが、特に浮気調査や不倫調査では個人情報や人に知られたくない機密情報が有りますので機密情報の取り扱いも厳密に行なう必用が有ります。

 

 

 

実際に調査員の失敗で調査対象者に知られてしまって反対に依頼者の立場がわるくなったりしたケースもあります。
調査員の判断ミスで浮気相手でない仕事上の関係者を間違って浮気相手として証拠写真をとって報告したために離婚裁判で大変な誤認情報として依頼人が困惑する事件も報告されています。

 

 

 

企業関係の信用調査においても初歩的な段階からのデータベースの入手が間違っていたために全ての報告書が無意味なものになっていたというケースも報告されています。
探偵事務所の数が増える中でビジネスとしての目的だけで充分な経験のない調査員が依頼を受けることで様々なトラブルが起きています。


ホーム RSS購読 サイトマップ