探偵に依頼する企業関係の調査

探偵に依頼する企業関係の調査

探偵に依頼する企業関係の調査

探偵業の根本は調査業務になりますが、企業関係を中心に長年信用を得て調査を行っている探偵事務所があります。
企業経営者にとって日々の業務を遂行する中で調査が必用な案件が色々と出てきます。
最も多い調査には新たな取引を検討している相手先企業や個人の信用調査があります。

 

 

 

特に近年ではインターネットのホームペイジやメール交換での情報だけで取引にはいる場合があります。
取引金額が少ない場合には未だ良いのですが、取引金額が大きくなることが予想される場合には相手先の信用状態を見る必要に迫られます。
相手先の信用調査にはデータバンクなどのデータベースでの決算書や信用状態の調査から、相手先企業の代表者や役員の個人の信用調査も行なうことがあります。

 

 

 

企業の調査には新たに社員として採用したい候補者の経歴や過去の職場などでの評判調査も行なうことがあります。
ある程度の規模の企業では調査案件が多くなりますので顧問契約をしている弁護士などと協力して、弁護士事務所が提携している調査会社や探偵事務所を使って調査を行なうことがあります。
弁護士と連携することで調査の結果によっては相手先との契約締結や解除などに対して迅速に動けるからです。

 

 

 

中小の会社では弁護士を通じないで探偵事務所や興信所と直接に調査を依頼するケースが費用の面で割安になりますので多いようです。
上記のような調査以外にも変わったものでは企業情報が漏れていることが判明した場合に行なう情報漏えいの原因調査として社内に盗聴器が設置されているか、社員の中で情報を漏らした形跡の有無を調査したりもします。


ホーム RSS購読 サイトマップ