人間関係の絆を大切にするべき時代

人間関係の絆を大切にするべき時代

人間関係の絆を大切にするべき時代

現代社会は本当の意味での人間関係が希薄になっている時代です。
社会というものは個人関係であれ仕事関係であれ、人間関係の強い絆の上に成り立ってきました。
社会を為している基本構成は家族制度と友人関係が基本に会って長い人間社会が築かれてきたものです。

 

 

 

落語に出てくる下町長屋「熊さんはっさん」や「女将さん」などの粋で親しみ間の溢れた人間関係が昔の江戸情緒と下町文化が築かれてきたのです。
このような人と人の人間模様が小説にも落語やドラマにもなるのですから、仕事においても個人の付き合いにおいても根本は人間同士の関係から始まって拡がってゆくものです。

 

 

 

しかし、インターネットの普及や交通網の発展で世界が狭くなった現代社会は余りにも範囲が広がりすぎて親密な人間関係を構築しにくくなっています。
お互いに面談しなくてもインターネットのメールで情報交換もできますし、スカイプやアイホンなどで会話もできます。
このような優れた文明の利器を使えば外国にいる人とも、近くにいる友人と同じように会話をしたり仕事の取引もできます。
本当にびっくりするほどの便利な時代になりましたが、江戸時代の長屋での人間関係のような人と人との強い絆は作れません。
メールやスカイプなどでの情報交換は、どうしてもお互いに近くにいませんので表面を着飾った情報が交換されやすいものです。
悪く考えれば自分や自分の企業を格好良く見せたいと思えば何でも可能な時代です。

 

 

 

このような情報だけを頼りに仕事の取引が始まったり、男女のお付き合いに発展しますと、時間の経過とともに今まで着飾っていた衣服は剥げ落ちてきます。
そのような時点で、相互に信頼関係が保てなくなって不信感に陥って探偵事務所に様々な調査依頼祖する事になりますが、できれば探偵に依頼する以前の問題を再考するべき時代かも知れません。


ホーム RSS購読 サイトマップ