浮気調査は慎重に判断する必要がある。

浮気調査は慎重に判断する必要がある。

浮気調査は慎重に判断する必要がある。

探偵事務所に持ち込まれる依頼案件で最近になって増えているものとして「浮気や不倫関係の調査」があります。
浮気や不倫関係の問題は非常に個人の感情面が入ってきますので探偵事務所でも依頼内容を慎重に検討して依頼を受けられるかの判断をします。
浮気調査の依頼がありますと探偵事務所としては、初めに依頼人との面会をして依頼される方の感情面の状態と依頼の内容について冷静に判断することになります。

 

 

 

依頼人が余りにも感情面が先走っていて調査する目的についても自分自身で明確に答えられない上体になっていることもあります。
信頼していた伴侶に裏切られたという気持ちが先行していて、浮気についての疑惑を持ち始めて依頼に至るまでの詳細もハッキリしない方がいます。
単に誰か相手もわからない他人からの嫌がらせ電話での知らせが原因で、事実の確認もないままに浮気が実際に行われていると思い込んで感情的になっている方もいます。

 

 

 

そのような電話の時にたまたま相手の伴侶が仕事での出張中と重なっていたりすると大変です。
また「素行調査」を依頼してくる方の中には倦怠期が来ていて相手のことを愛せなくなっている方がいます。

 

 

 

そのような時に自分自身が好きな異性と出会って自分が結婚している相手と別れたくなっている時に、相手の素行に問題がないか又は浮気をしていないか等の離婚理由を探している人もいます。
浮気調査や不倫調査には、この他にも様々な不可解なケースが実際にあるのですから、依頼を受けた探偵事務所では慎重に内容を判断しませんとトラブルに巻き込まれることもます。


ホーム RSS購読 サイトマップ